「四季を感じる空間へ」を設計コンセプトとした東京・世田谷にある建築設計事務所

特集

そもそも設計事務所って?

知ってるようで、知らない設計事務所の特徴お教えします!

自分の家を建てようとしたとき、最初に何を考えますか?

  • かっこいい家が欲しい!
  • 自分の好みに合った外観・インテリアにしたい!
  • 予算が心配だな~

色々なことを頭の中で考え、思いをめぐらし、ご自身で、または、ご夫婦・知人に相談して、建築計画を考えていくでしょう。

でも皆さんに共通した一つの「思い」があります。

「いい家を建てたい!」ということです。

当たり前の話ですが、これはとても大事なことですよね。多くの費用をかけて建てるわけですから。

では、その「いい家」というものは、どのようなものでしょうか?

  • かっこいい家
  • 自分の好みに合った外観
  • インテリア
  • 予算に合った建物
  • 安心できる工事

などが、あげられるでしょう。

そんな「いい家を建てたい」皆さんのために、設計事務所が、どのような仕事をして、皆さんと「住まいづくり」をすすめていくのか、分かりやすく、工務店やハウスメーカーと比べながらその特長をご紹介します。

1. お客様との「住まいづくり」の進め方と契約について

設計事務所は、設計・監理という業務をお客様との間に委託契約という形で一緒に「住まいづくり」を進めていきます。お客様と一緒に考え、悩み、「いい家」を目指し打合せをし、図面を作成し、現場をお客様の代理となって設計図通りになっているか確認します(具体的な流れはこちら→)。設計事務所は、工事を行いませんので、工事は、施工会社とお客様は、工事請負契約を交わします。従って契約は2回します。工務店・ハウスメーカーは、設計・監理・施工を行いますので、契約は1回です。

事務・メーカー

2.建築中の建物の確認

「いい家」を目指して、打合せを重ね、好みの外観・インテリアにし、確認申請を行い、予算調整が終わって、工事着工となった後、現場が図面通りに出来ているかの確認をしていくことになります。打ち合わせた、床材を使っているか?壁紙の色は合っているか?など、設計事務所で「住まいづくり」を行う場合、お客様と一緒もしくは、設計者が現場の確認を行い、指示を工事会社に行います。工務店・ハウスメーカーの場合は、お客様ご自身が、確認し、工事会社に指示を出します。

現場確認

以上の2つが大きな特徴です。

「いい家を建てたい」と思って考えた、かっこいい家・自分の好みに合った外観・インテリア・予算に合った建物・安心できる工事といった項目をかなえるために、先の2点は、設計事務所の真骨頂です。皆、建築が好きで、お客様に満足していただけて、使い勝手がよく・かっこいい建物を日々考えています。きっとご納得・ご安心していただけるでしょう。そして、後の2点の予算に合った建物・安心できる工事です。

予算に合った建物ですが、そもそも、お客様の建築計画には決まった予算があるはずです。それをオーバーして計画など成り立ちません。そのような計画をしても、建たないことは分かっています。お客さまのご希望の予算内に合せた設計・提案を行うのは当然です。

安心できる工事は、その一部を上記の工事中の現場確認で説明しました。建築中もしくは、完成した建物を確認するのに専門家である設計事務所と一緒に確認出来ることは、大きなメリットといえるでしょう。安心できる工事をしてくれる会社に依頼することはもちろん大事です。当社では、信頼のおける工事会社に依頼し、競争入札などを行い、お互いが良い「住まいづくり」を行えるようにしています。そこに一緒になって現場を見て確認してくれる人がいるのは、お客様にとって心強いことでしょう。一緒に現場を確認してくれる人が、今まで打合せをして、そしてその人が書いた図面を見ながら、現場を確認するのですから。

と、設計事務所をご紹介しましたが、展示場やCMをやっているわけではないので、設計事務所とコンタクトをとりづらいかもしれません。四季建築設計事務所は、そんなお客様の思いを考え、1階にも事務所をギャラリーオフィスとして構えております。どうぞ、お気軽に起こし下さい。

特集